津市にある松阪牛一頭買いの牛肉店

私たちがお届けしたい「本当の美味しさ」とは私たちがお届けしたい「本当の美味しさ」とは

竹屋牛肉店は2007年、松阪牛専門の焼肉店として津市にオープンしました。
創業時から持ち続けているのは

  • 世に必要とされるお店になる
  • 関わる人全てが豊かに幸せになるお店になる
  • 松阪牛といえば竹屋牛肉店と言われる三重県NO1のお店になる
  • 松阪牛の本当の魅力を全国へ発信する
世に必要とされるお店になる
関わる人全てが豊かに幸せになるお店になる
松阪牛といえば竹屋牛肉店と言われる三重県NO1のお店になる
松阪牛の本当の魅力を全国へ発信する

の4つの想いです。

この想いのもと、私たちは「世界的なブランド牛・松阪牛の見た目(霜降り)にこだわらない本当の美味しさを安定的に提供すること」をお客さまにお約束しています。
2002年(平成14年)8月19日以降、指定23市町村の生産であれば、兵庫県産「純系但馬牛」の仔牛でないものも「松阪牛」の呼称が許されるようになりました。また、生産区域における肥育期間は生産区域以外で肥育された期間よりも長ければ松阪牛と認定されます。
もちろん、厳しい管理のもと育てられた松阪牛の美味しさには間違いがありません。
しかし、私たちが皆さんにお届けしたいのは、「本当の美味しさ=昔ながらの松阪牛(但馬牛の血統で、櫛田川・宮川水系の水で育ち、一定期間以上の肥育期間を経た牛)の美味しさ」なのです。

私たちが「一頭買い」にこだわる理由私たちが「一頭買い」にこだわる理由

竹屋牛肉店は創業時より一頭買いにこだわってきました。
肉の一部だけを見て上質な肉を見極めるには、限界があるからです。 本当に美味しい肉を見極めるためには、見た目の肉質だけでなく、骨の太さなど枝肉を見て判断する必要があります。つまり、信頼できる品質を安定的に仕入れるための目利きの最小単位が「一頭買い」なのです。
更に、竹屋牛肉店では枝肉に仕入れに対し、松阪牛であることに加え以下の3つの独自基準を設けています。

  • 枝肉重量が460㎏以下であること
  • 三代前まで但馬牛血統であること
  • 肥育期間が30ケ月以上であること

私たちは、枝肉を見極める確かな目利きと、3つの独自基準を遵守することで松阪牛の本当の美味しさを皆さまにお届けしています。

牛肉店としての使命

2016年現在。
竹屋牛肉店は「竹屋牛肉店グループ」として「松阪牛一頭買い焼肉専門店・YAKINIKU RESTAURANT 竹屋牛肉店」に加え、「松阪肉料理×ワイン・Bistro La Fleur(ビストロ ラ・フルール)」と「松阪牛の「もつ鍋」「炭火焼肉」・もつ小町」を展開、また、特選松阪牛の精肉販売を行う「松阪牛一頭買い専門・精肉 竹屋牛肉店」もスタートしています。
一時は卸売にも取組みましたが、責任を持って本当の松阪牛を直接消費者の皆様にお届けすることが私たちの使命であることにめざめ、以降、「竹屋グループ全てで一頭あますことなく使いきる」という発想で業態を開発しています。

創業時「竹屋焼肉店」ではなく「竹屋牛肉店」と名付けたのは、私たちの事業の本質が「厳しい独自基準と確かな目利きによる本当の松阪牛の提供」にあったからです。
これからも、「牛肉店」として「松阪牛の中から竹屋独自の基準で選んだ松阪牛」にこだわり、様々なスタイルで、松阪牛の魅力をご堪能いただけるサービスを生み続けること。
それが私たちの使命と考えています。

私たちは、松阪牛を通して「地域社会」に貢献します。
グループ内で松阪牛一頭を余すことなく使い切るよう業態開発を行い、生産者・取引業者と共に松阪牛の魅力と可能性を全国に発信します。
私たちは、笑顔と真心で「感動と満足」をお届けします。
より良い食事空間の提供を目指し、お客様と一緒に感動と満足を創造できるよう、笑顔と真心でお迎えします。
私たちは、松阪牛の「本当の美味しさ」を追究します。
信頼できる生産者・取引業者を通して松阪牛一頭買いを行い、独自の厳しい基準と確かな目利きで、
品質の安定と見た目(霜降り)にこだわらない本当の美味しさを追究します。
私たちは、関わるすべての人達と一緒に「幸せ」を目指します。
働くスタッフやその家族、生産者・取引業者と共に地域社会が豊かになるよう努め、
皆様に必要とされる店づくり、人づくりに邁進します。
私たちは、常に「感謝の気持ち」を持って行動します。
事業を継続できるのは、関わる皆様のおかげだと考えます。その感謝の気持ちを持って日々行動することを宣言します。

TOPへ